雲の原っぱ社は、気楽に帰れるふるさとをつくります。

きっかけと、続けていたときの思い

雲の原っぱ社の活動は、吉田美奈子が、京都府福知山市の北端集落・雲原に住むことから始まりました。

地域づくりの活動に参加させていただいたり、農仕事を教えてもらう中で

四季折々の暮らしを楽しむ姿勢を学び、地域の方々とかけがえのない思い出をたくさん作ってきました。

時が流れ、吉田が結婚を機に京都市との2拠点生活を始めたことで、雲原に住む時間は以前より減りました。

それでも地域の方々は、帰るたびにあたたかく迎えてくれて、毎回ゆっくりお茶を飲みながら世間話をしてくれます。

そんなとき、「雲原に出会えてよかった」としみじみ思います。

たとえ毎日住んでいなくても、雲原は、気楽に帰れるふるさと。

宿や活動を通して雲原に訪れてくださるすべての方に、肩の力を抜くようにご滞在いただければ幸いです。

これまでの活動

2019年4月 SUUMOジャーナルさんの取材を受けました。→デュアルライフ・二拠点生活[11]京都府福知山市ライフステージの変化を受け入れ、無理なくしなやかに変わる二拠点暮らし)

2017年4月 福知山の魅力発信ウェブマガジン「ふくてぃーやま」にて2拠点生活エッセイ連載開始/〜2019年3月

2016年2月 農家民宿「雲の原っぱ社」オープン

2015年9月 Deまち様の企画に協力:スナック京都のどこか【福知山市雲原編】

2015年5月 米作りスタート

      京都新聞(丹後・中丹版)連載コラム「風土愛楽」執筆担当/〜2020年8月

2015年1月 パンこね対話(雲原の手作り石窯を使い、パンをこね発酵や焼き上がりを待ちつつ対話するイベント)主催

2014年10月 雲の原っぱ音楽会 実行委員会に参加

2014年2月 JAFREC(NPO法人日本農林再生保全センター)様の企画に協力:

        オトナの食農講座「農村ブランチ」第2回『ふきのとうの天然酵母で仕込む、もくもくパンづくり』

2013年12月 わがやカフェ(セルフサービスドリンク100円のお立ち寄り処)オープン/2015年12月で終了

2013年4月 福知山市消防雲原団員 入団/〜現在

2012年11月 移住

       facebookページ「雲原生活(くもはらいふ)」オープン

農家民宿
農家民宿

晩御飯の様子

press to zoom
農家民宿
農家民宿

地域の仲間もお招きして

press to zoom
消防団
消防団

press to zoom
農家民宿
農家民宿

晩御飯の様子

press to zoom
1/15

福知山市出身クラリネット奏者の吉田佐和子さんが、くもはらいふのPVを作ってくださいました!